« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

誘惑には、勝てませぬ。

合成のためのリセットFCのはずが、100FCで回せるなら・・・、とついつい回しちゃいます。

何号機がいいのかも分かりませんし、ログインしたときに売り切れていないものを回しています。

正直!しょ~じき!!かなりショボイ結果のときもあるのですが、ハイリスクハイリターンだと言い聞かせて、回した結果、

Photo

2009、初の実名PMは糸井選手でした。

これで、いい方の部類です。

次は、

Photo_2

ローズ選手SP!

これも、出来れば守れる方の、WP65が良かった・・・。

「い」から始まる選手ですよ?

ね?

それが欲しいんですよ?

最後は、

Photo_3

青木選手SP!!

おお!今年は青木選手に縁があります。

出来ればもう一枚手にいれて、コンボを付けたいですね。

こういう結果ばかりだといいのですが、もちろんそうもいきません。

WP35が2枚ということも、普通にありましたね。

機会とお金があれば、また回します。

最後にぱんちょさんからの質問にどなたか答えて頂きたいです。

「FP合成でブーストは起きるのか?」

私としては当然、起きるものだと10万FP以上、費やしてきたので、もし起きないのであれば、青天の霹靂的ショックです。

私はFPでブーストしたよ、という方いらしたら、一言お願いします。

また、FP合成の方がブーストしにくいのかな?とうことも、ご存知の方がいらしたら、教えて頂きたいです。

お願いします o(_ _)oペコッ

| | コメント (11) | トラックバック (1)

扇の要を目指して2009、その8

更新があまりにも少ない、このブログ。

ちょっとばかし、忙しいので、当分はこんな感じです。

さてさて、合成も50回を超えまして、今日は46~54回です。

Photo

対左投手地獄かなぁ~?というところでリセットFC切れでした。

まあ、なかなか険しい道ですね。

前に書いていましたが。合成回数が増えてきたところで統計を取ってみようと。

とは言え、まだ50回程ですので、大したことはないですが。

Photo_2レベル3以上はなし!

打撃系が多いのは、スキルの種類が多いということも関係しているとは思います。

そう考えると、守備系はコンボ系とリードが出ない分、少なくなっているかもですね。

意外だったのは使えない走塁系がそんなに付いていないということです。

スキルの種類の多さに比例して打撃系スキルはよく付いているようなので、使えないスキル(走塁系)が付いたときの印象が強いのでしょうかね。

なんか、走塁系は邪魔なくせによく付いているイメージがあります。

まあ、のんびり続けていきますよ~。

明日はどっちなんだよう~?

つづく。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

商品結果。

前回の限定①(6回)の公式戦は全国大会の予選も兼ねていましたね。

いつ参戦しようか、様子を見ていたら、日にちがなくなっていて、あわててしまいました。

無事、昨日までに消化しました。

14日までになんと、7戦全勝、1失点!!

これは、スランプ脱出したな?

ランクインしちゃうかな?

という感じで、昨日3戦して、14失点・・・。

こんな、もんですね。

勝敗結果より商品の方が気になりますし。

私は今回、6リーグ消化で、Photo商品は、

こんな、感じでした。

通常のご褒美のブロンズチケットもそのつど、2~3枚貰えましたので、シルバールーレットまで、あと一息です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

扇の要を目指して2009、その7

先月の不調を脱しつつある私です。

パソコンのスペックを過信せずに、常駐ソフトの見直しや他アプリの起動を極力、抑えたら以前のような操作性が戻ってきました。

私の画面と相手側の画面での表示のズレが一時期よりは改善された気がします。

最近のやられようはあまりにも理不尽だったなぁ、と今考えてもゾッとします。

それでは、37~45回目です。

Photo

ハイ、特にコメントなし!!

相変わらず、FP垂れ流し~。

私はレベル10代との対戦なんて、ほとんどないのですが、最近の戦績のせいでしょうか、レベル12の方と対戦してしまいました。

Photo_2

こういうの見ちゃうとな~。

あなたに付いた分、私に扇の要が付くのが遠のいちゃったよ、などと言いがかりを付けたくなる私は、病んでますね。

明日はどっちだ!?

つづく。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

運営の解釈

公式戦の表彰がありましたが、打率でここまで入賞出来なかったのはいつ以来だろう?という悲惨な結果でした。

盗塁もそんなにしないですし・・・。

(つд⊂)エーン

どうやっても、打てないし抑えられない、トホホな6月後期でした。

バッターが最後列でも、外に外したボールが打たれる機会が増えたんですよね。

そこを何とか克服していきたいです。

それで、公式HPにこんなお知らせがありましたね。

今まで、個別の問い合わせに対しては、このような回答を返信していたのでしょうか?

公式見解のようです。

バグストや詐欺行為などに対しては、まあそんな感じでしょうねという感想。

ただ、最前列もアップデートの対象であったり、壁投げも基本するな、と書いてありますね。

これには、多少驚きました。

ユーザー各位の良識の範囲内で双方が楽しめるように・・・、という文意に留める程度かと思っていましたね。

また、商品券取引の禁止については、ファンサイトリンクに登録しているブログ等の監督さんは気をつけなきゃですね。

「○○kで、手に入れました」という表現なら・・・?

グレーですね(笑)

だーっと見て感じたことは、兄弟に対してなど、いろいろ問い合わせや苦情があったんだなぁ、ということでした。

今までこれを周知していなかったことに多少の不満を感じます。

最後に、一日一回無料ランダムスロットで、PMが!?

Photo

ナムコでしたが、久々にうれしい出来事でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日のメンテ

その前に、月間MVPの発表がありましたね。

個人的には特に・・・、という感じですが、ファイターズの糸井選手が受賞ですね。

電車通勤。さんやhamuさんのブログで少しずつ知識を得ていたのでなんだか、私までうれしい気持になりました。

個人的にはその彫刻のような肉体をぜひ拝見したいのですが・・・。

変な意味はないですけどね。

メンテでどんなアップデートがあったかといいますと、まずは公式戦、確定のようです。

ランダムは意外にはまるリーグだったのですが、廃止でしたね。

残念。

そして、なんと言っても全国大会!!

この時のために、日々腕を磨いてきました!!!

というのは、当然、冗談。

お目当ては同時開催のキャンペーンですね。

何か貰える楽しみが好きです。

レベル上限が上がってからは、ここぞとばかりにエドワードさんも登用中ですから、今回は来てくれても、いつもよりは寛大な心で迎えますよ。

100試合くらいはやったでしょうか、それでもまだゲージは半分くらいでまだまだ、レベル35は遠いですけどね。

すでにレベル37の人はホントすごいっていうことです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カキーン!ああ・・・。

最近、運が悪いです。

前にも書きましたが、私のネット環境と相性が悪い(相手からみたら相性が良い)相手と以前よりマッチング機会が多くなりました。

私の投球時、相手は見送ればボール、振ればヒットという相手です。

それが無制限だと尚更、痛い・・・。

今回の相手は正直、どこまで外すべきか最後まで分かりませんでした。

3球、同じところから同じ操作で外に外しているのですが、3球目は打たれる、という感じ。

内角もしかり。

私としては右対右で内角をえぐるシュートの曲がり具合、速度、相手打者の位置、さらには打者の動きだしとその時のボールの位置で、何となくですが、キャッチャーが捕球する前に「よし、空振り取れた!!」と思うのですが、カキーン!!

バットに当たったにせよ、「ガキッ、ボテボテでしょ?普通は・・・」と思いながら、フェンス付近へ伸びていく打球を追っていました。

Photo

序盤は08ダル投手SP、07武田投手SP(私は日ハムファンですか?)の左右変化でそれでも、何とか勝ち負け出来そうな感じでしたが・・・。

諸事情でリリーフ陣のスキルが方程式に偏ってしまい、ノーマルカードと化してしまった7回以降、まさにサンドバック!!

最後はフォーク連投、やる気なしモードになってしまいました。

相手の監督さんには申し訳ない態度をとってしまい、反省。

マナーがとても良い方だったので、試合後めずらしく、チャット。

率直に聞いてみました。

私「私としてはボール2個分は外に外しているのですが、打たれました」

私「そちらの画面では普通にストライクゾーンを通っていましたか?」

28本も打っているのですから、どの場面かも分からない質問にも関わらず、

相手「ストライクゾーンを通っていました」

とのこと。

前にもコメント下さった方がいましたが、ネットカフェでさえ攻守で映し出される映像は異なっているそうです。

前述した3球、同じ操作で外に外しているボール球の3球目が打たれたというのは、その3球目が何らかの影響を受けて私の操作を正確に反映せずに相手の画面では、ただのストライクゾーンを通る打ちごろのボールとして、映し出されたのだと思います。

投球ごとに操作を正確に反映するかしないかがマチマチな場合があるようです。

これでさらにファミスタの奥が深くなってしまいました。

これからは次の1球は私の操作が相手の画面に正確に反映されるかどうかまで、考えなくてはいけまんせんね。

というのは、冗談ですけど、こちらとしては相手が振ってくるだろうと読みきって外したボール球が、なぜかストライクゾーンを通っていたりすると、それはただの自殺行為です。

こういう要素も含めてファミスタオンラインなのですが、6月25日以降、こういうのがすごく増えた気がします。

マッチング時のローディング時間も前にも増して相手側の時間がかかるように(表示されているだけかもしれませんが、)なりましたし。

今回のように相手の監督さんがプレースタイルを含め、とても良い方なら、仕方ないとすぐに割り切れるのですが、いつもそうとは限りませんからね。

今日は長文グチグチでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »